ヨガの橋のポーズ

目次

ヨガの橋のポーズ

日本語:ヨガの橋のポーズ
英語:bridge Pose(ブリッジポーズ)
サンスクリット語:セッツバンダーサナ

期待できる効果

肩こり改善・お尻、太ももの引き締め・腰、背中、姿勢の調整・骨盤底筋強化・腰痛改善・生理痛緩和・不眠症緩和・リラックス・リフレッシュ

ヨガの橋のポーズのやり方

1.マットに仰向けになり、足を腰幅に開き両膝を立てます。かかとはなるべくお尻に近寄らせます。

2.両腕は体側に起き、手のひらはマットに向けます。

3.息を吸いながら、両足裏でマットを押してお尻を持ち上げます。

4.目線を天井に向け、母指球と腕でマットを押しながら3〜5呼吸キープします。(余裕があれば肩甲骨を寄せ、両手をお尻の下で組みます。)

5.ポーズを解くときは、ゆっくりと背中、腰、お尻の順にマットに下ろします。

コメント

コメントする

目次